>

景品の重さを考慮しよう

荷物にならない景品とは

最近は、二次会の景品に金券を用意することが流行っています。
商品券だったら好きなものを購入できますし、旅行券なら好きなところに旅行できます。
もらった人が自由に選択できるという部分が、人気の理由です。
また金券は、かさばらないのも嬉しいですね。
重いものでは、持って帰るのが困難になります。

自家用車で来ている人は良いですが、二次会ではお酒を飲むので、公共の交通機関を利用する人が増えます。
バスや電車で来ている人でも、簡単に持ち帰ることができるものを選択しなければ迷惑になります。
便利な家電が喜ばれると言われていますが、冷蔵庫や洗濯機のような大型の家電は避けてください。
軽い金券なら、誰からも喜ばれるでしょう。

使用期限を必ず伝えること

金券やカタログギフトには、使用期限が決まっています。
その期間内に利用しなければいけないので、渡す際は必ず期限を伝えてください。
伝えないと、景品を渡した相手とトラブルが起こってしまうかもしれません。
注意点を踏まえて、景品を渡しましょう。
すると二次会が、楽しい思い出になります。
カタログギフトは、価格帯によって種類が変わります。

何種類かのカタログギフトを用意して、上位の人には高額なカタログギフトを渡しても良いでしょう。
せっかく景品を用意しても、相手に喜んでもらえなければ無駄になってしまいます。
そうなるようだったら、自分で好きな商品を選んでもらった方が良いですよね。
どんな商品が掲載されているカタログギフトなのか、事前に確認しましょう。


この記事をシェアする